読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Androidはワンツーパンチ 三歩進んで二歩下がる

Android卵プログラマーの記録ブログ

Herokuデプロイ後にdb:migrateが失敗した時の状況とやったこと

Heroku ruby on rails

Rails勉強中です。Heroku使用経験もほとんどありません。
トラブル時に途中で混乱して手順を忘れてしまっている部分が多いのですが、
よい勉強になりましたので作業のメモを残しておきます。

全体のまとめ

Herokuにデプロイする前に
Gemfile.lockの中身を消してから
$ bundle install

変更をcommit

$ git push heroku master

$ heroku run rake db:migrate
すればよかったです。
Gemfile.lockを消してbundle install する箇所はbundle updateを実行することでもよいと思います。

前提

Rails5.0.1使用
作業時に使用していたOSはMac OS/X 10.11.6

状況

最新のソースをcommit → $ git push heroku master でデプロイ後、
データベースをmigrateするため、次のコマンドを叩いたらエラーが発生しました。

$ heroku run rake db:migrate

エラーメッセージは次のとおりです。今思えば全て取っておけば良かったのですが、最初の一部だけです。

Running rake db:migrate on ⬢ myapp... up, run.9784 (Free)
rake aborted!
Gem::LoadError: Specified 'postgresql' for database adapter, but the gem is not loaded. Add `gem 'pg'` to your Gemfile (and ensure its version is at the minimum required by ActiveRecord).

対策

公式サイトの導入ガイド
「Getting Started with Rails 5.x on Heroku」 に従ってちゃんと設定を出来ているか(特にdb関連)確認してみました。

Gemfileの確認

公式で「gem 'sqlite3' To this: gem 'pg'」とあるようにHerokuではPostgreSQLSaas形態で提供されているため、gemはpgを使用する必要があります。
ここで私はproduction環境向けに「gem 'pg'」を指定するのを忘れていましたので、指定しました。

Gemfile

 group :production do
  gem 'pg',             '0.15.1' 
  gem 'rails_12factor'
 end

database.ymlの確認

公式で、databaseのadapterはpostgresql を使うように等々ありましたので見直しました。
データベース名やらユーザー名やらは
$ heroku config
でも確認出来るのですが、Web上で見た方がわかりやすいと思います。
Herokuにログイン→アプリを選択→Add-onsにあるHerokuPostgresをクリック→Database CredentialsのView Credentialsボタンをクリックで参照出来ます。

config/database.yml

# SQLite version 3.x
#   gem install sqlite3
#
#   Ensure the SQLite 3 gem is defined in your Gemfile
#   gem 'sqlite3'
#
default: &default
  adapter: postgresql
  encoding: utf8
  # For details on connection pooling, see rails configuration guide
  # http://guides.rubyonrails.org/configuring.html#database-pooling
  pool: 5

# SQLite version 3.x
#   gem install sqlite3
development:
  adapter: sqlite3
  database: db/development.sqlite3
  pool: 5
  timeout: 5000

# Warning: The database defined as "test" will be erased and
# re-generated from your development database when you run "rake".
# Do not set this db to the same as development or production.
test:
  adapter: sqlite3
  database: db/test.sqlite3
  pool: 5
  timeout: 5000

#
production:
  <<: *default
  database: d8c7clp3dmvv4u
  username: ENV['DATABASE_USER']
  password: ENV['DATABASE_PASSWORD']
  host: ec2-23-23-222-147.compute-1.amazonaws.com
  port: 5432

変更をcommitして再度デプロイしましたがエラーが発生しました。
エラーメッセージは次のとおりです。

Running rake db:migrate on ⬢ myapp... up, run.9233 (Free)
rake aborted!
Gem::LoadError: Specified 'postgresql' for database adapter, but the gem is not loaded. Add `gem 'pg'` to your Gemfile (and ensure its version is at the minimum required by ActiveRecord).
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/connection_adapters/connection_specification.rb:176:in `rescue in spec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/connection_adapters/connection_specification.rb:173:in `spec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/connection_handling.rb:53:in `establish_connection'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/railtie.rb:125:in `block (2 levels) in <class:Railtie>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:38:in `instance_eval'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:38:in `execute_hook'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:28:in `block in on_load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:27:in `each'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:27:in `on_load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/railtie.rb:121:in `block in <class:Railtie>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:30:in `instance_exec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:30:in `run'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:55:in `block in run_initializers'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:54:in `run_initializers'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/application.rb:352:in `initialize!'
/app/config/environment.rb:5:in `<top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `block in require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:259:in `load_dependency'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/application.rb:328:in `require_environment!'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/application.rb:448:in `block in run_tasks_blocks'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/rake-12.0.0/exe/rake:27:in `<top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli/exec.rb:74:in `load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli/exec.rb:74:in `kernel_load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli/exec.rb:27:in `run'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli.rb:332:in `exec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor/command.rb:27:in `run'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor/invocation.rb:126:in `invoke_command'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor.rb:359:in `dispatch'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli.rb:20:in `dispatch'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor/base.rb:440:in `start'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli.rb:11:in `start'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/exe/bundle:34:in `block in <top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/friendly_errors.rb:100:in `with_friendly_errors'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/exe/bundle:26:in `<top (required)>'
/app/bin/bundle:3:in `load'
/app/bin/bundle:3:in `<main>'
Gem::LoadError: can't activate pg (~> 0.18), already activated pg-0.15.1. Make sure all dependencies are added to Gemfile.
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/rubygems_integration.rb:346:in `block (2 levels) in replace_gem'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/connection_adapters/postgresql_adapter.rb:2:in `<top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `block in require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:259:in `load_dependency'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/connection_adapters/connection_specification.rb:174:in `spec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/connection_handling.rb:53:in `establish_connection'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/railtie.rb:125:in `block (2 levels) in <class:Railtie>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:38:in `instance_eval'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:38:in `execute_hook'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:28:in `block in on_load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:27:in `each'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/lazy_load_hooks.rb:27:in `on_load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activerecord-5.0.0.1/lib/active_record/railtie.rb:121:in `block in <class:Railtie>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:30:in `instance_exec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:30:in `run'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:55:in `block in run_initializers'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/initializable.rb:54:in `run_initializers'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/application.rb:352:in `initialize!'
/app/config/environment.rb:5:in `<top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `block in require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:259:in `load_dependency'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/activesupport-5.0.0.1/lib/active_support/dependencies.rb:293:in `require'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/application.rb:328:in `require_environment!'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/railties-5.0.0.1/lib/rails/application.rb:448:in `block in run_tasks_blocks'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/rake-12.0.0/exe/rake:27:in `<top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli/exec.rb:74:in `load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli/exec.rb:74:in `kernel_load'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli/exec.rb:27:in `run'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli.rb:332:in `exec'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor/command.rb:27:in `run'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor/invocation.rb:126:in `invoke_command'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor.rb:359:in `dispatch'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli.rb:20:in `dispatch'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/vendor/thor/lib/thor/base.rb:440:in `start'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/cli.rb:11:in `start'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/exe/bundle:34:in `block in <top (required)>'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/lib/bundler/friendly_errors.rb:100:in `with_friendly_errors'
/app/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/bundler-1.13.7/exe/bundle:26:in `<top (required)>'
/app/bin/bundle:3:in `load'
/app/bin/bundle:3:in `<main>'
Tasks: TOP => db:migrate => environment
(See full trace by running task with --trace)

ここで色々調べまくってherokuのプロジェクトを一度消してからやり直したり、
Managing Gems with Bundler | Heroku Dev Centerにあるように開発環境のgemをインストールしないようにしたり、
dotenvを使って環境変数からユーザー名とパスワードを指定しているところを直接書いたりしてみましたが状況が変わることはありませんでした。

エラーメッセージの中に
「Gem::LoadError: can't activate pg (~> 0.18), already activated pg-0.15.1. Make sure all dependencies are added to Gemfile.」
とあるので関係があるかもしれないと思い

 gem 'pg',             '0.15.1'

としていたところを

 gem 'pg'

に変更して、production内に書いているだけではダメかもしれないと、デフォルトのところにも指定してみましたが状況は変わりませんでした。

そこで何となくGemfile.lockをのぞくと
pg (0.15.1)
となっていました。pgのバージョンを指定するのをやめたのに昔のものが残っているのか?と思い内容を全部消去してから

$ bundle install 

してから変更をcommitし、あらためてHerokuにデプロイし

$ heroku run rake db:migrate

しますと出来ました!

Running rake db:migrate on ⬢ myapp... up, run.5276 (Free)
   (54.7ms)  CREATE TABLE "schema_migrations" ("version" character varying PRIMARY KEY)
   (10.7ms)  CREATE TABLE "ar_internal_metadata" ("key" character varying PRIMARY KEY, "value" character varying, "created_at" timestamp NOT NULL, "updated_at" timestamp NOT NULL)
   (1.7ms)  SELECT pg_try_advisory_lock(4611527472350007090);
  ActiveRecord::SchemaMigration Load (1.3ms)  SELECT "schema_migrations".* FROM "schema_migrations"
Migrating to CreateTypes (20170228141646)
   (1.1ms)  BEGIN
== 20170228141646 CreateTypes: migrating ======================================
-- create_table(:types)
(中略)

試してませんが、Gemfile.lockを消してbundle install する箇所はbundle updateを実行することでもよいと思います。

まとめ

  • pg (0.15.1)のままであったとしても何故エラーになるのかがはっきりとはわかりませんでしたが、現時点(2017/03/28)でサーバー側のPostgresSQLは0.19.0が最新のようなので明らかに古いので問題があっとということだと解釈しました。
  • 違う環境にデプロイする時はGemfile.lockに注意する必要があることを学習しました。
  • 今回の件には関係ありませんが、push時にHeroku側で毎回bundle installしているみたいなのですが、これは省略出来ないのだろうか、できたらいいのにと感じました。やり方はあるのかもしれないのですが、発見できませんでした。

DropboxのPublicフォルダをjsonファイル置き場にしてたが2017年3月15日で廃止したので代替としてFC2ホームページを使うことにした

Tools 開発一般

DropboxのPublicフォルダにはWebホスティング機能があり、そこにファイルを置いて置くだけで世界に公開できるという便利なものだったのですが、
無料ユーザーはとうとう廃止になってしまいました。
私はjsonファイルを置いて検証用のサーバーみたいな使い方をしていたんですが、今回の変更でこの使い方は出来なくなってしまいました。
代替としてブログでおなじみのFC2のサービスの中から「ホームページ」のサービス(「ブログ」ではありませんよ)を使ってjson置き場にすることにしました。

jsonファイルをアップロードして開くとブラウザのURLのBOXのところにURLが表示されるのでそれを使います。

fc2.com


1Gフリースペースがあるので私みたいな使い方なら余裕です。






Material Design Lite for SassでRailsアプリケーションにGoogleのMaterial Design LiteとMaterial IconsとRobotoフォントを導入する

Mateial Design ruby on rails ruby

Google製のマテリアルデザインとマテリアルアイコンとRobotoフォントをRubyアプリケーションで使うための「Material Design Lite for Sass」というgemを使います。

github.com

このgemはgoogle製Material Design LiteのSaasバージョンです。

github.com

導入

Gemfileに次のように記述します。

gem 'material_design_lite-sass'

bundle install しておきます。

/app/assets/stylesheets/application.scss に次のように記述します。

@import 'material';

Attention! デフォルトでは.cssの拡張子でファイルが作成されます。.scssに変更し、*= require_tree . と *= require_selfを削除する必要があります。
オリジナルのapplication.cssをそのままにしたい場合、同じフォルダにcustom.scssを作成し@import 'material'する方法もあります。

app/assets/javascripts/application.js に次のように記述します。

//= require material

TurbolinksについてはMaterial Design Liteはサポートしてないので、READMEを見て下さい。

デフォルトではマテリアルデザインの全てのコンポーネントがimportされていますが、個別に指定する方法もあります。

Material Iconの使い方

<i class="material-icons">info</i>

上の例では"info"のところにマテリアルアイコンの名前を入れます。
マテリアルアイコンの名前は↓のリストにあるものです。
material.io

Saasバージョンで使える変数はこちら↓
material_design_lite-sass/_variables.scss at master · rubysamurai/material_design_lite-sass · GitHub

変数の内容をoverrideする場合は、@importする前に記述する必要があります。↓が例です。

$layout-header-bg-color: rgb(128,128,128) !default;
@import 'material';


ransackでRailsアプリケーションに検索機能をつける

ruby on rails

Railsを勉強中です。

ransackというgemを使用して、検索機能を実装する一連の処理をメモします。

github.com

下準備

サンプルのアプリケーションを新しく作ります。
railsのバージョンは5.0.1です。

$ rails new _5.0.0.1_ new exm-ransack
$ cd exm-ransack

以前書いたエントリーと同じモデルを作り、同じデータを投入します。
↓以前のエントリ
sakura-bird1.hatenablog.com

サンプルデータ(csvデータ)をdbフォルダに入れておきます。
postal_code_tokyo_with_header.csv - Google ドライブ

今回はscaffoldでアプリケーションのひな型を作ります。

$ rails g scaffold PostalCode local_goverment_code:integer postal_code_old:integer postal_code:integer prefecture_katakana:string ward_katakana:string town_katakana:string prefecture:string ward:string town:string

$ rails db:migrate

db/seeds.rb に次のように記述します。

require 'csv'

PostalCode.delete_all

csv_data = CSV.read('db/postal_code_tokyo_with_header.csv', headers: true)
csv_data.each do |data|
  PostalCode.create!(data.to_hash)
end

$ rails db:seed
を実行します。
$ rails s
を実行します。
http://localhost:3000/postal_codes
にアクセスするとうまくデータが投入できているのがわかります。

f:id:sakura_bird1:20170301155738p:plain

検索機能を実装する

Gemfileに以下を追加する

gem ‘ransack'

$ bundle install
を実行します。

controllerのindexを次のように書き換えます。
postal_codes_controller.rb

# GET /postal_codes
# GET /postal_codes.json
def index
  # 検索フォームの入力内容で検索する
  @q = PostalCode.search(params[:q])

  # 重複を排除
  @postal_codes = @q.result(distinct: true)
end

viewに検索フォームを付けます。
app/views/postal_codes/index.html.erb

<%= search_form_for @q do |f| %>
    <%= f.label :town_cont %>
    <%= f.search_field :town_cont %>

    <%= f.submit %>
<% end %>

search_form_forというヘルパーメソッドが用意されており、検索フォームを生成してくれます。
:town_cont というのはtownフィールドに含まれている(contain)ものを検索するという意味です。

http://localhost:3000/postal_codes
にアクセスすると検索フォームが上の方に出来ていることがわかります。

f:id:sakura_bird1:20170301160124p:plain



検索フォームを次のようにフィールド名を_or_でつなげて書いたとすると、このフィールドのどこかで検索文字を含むものを結果に表示します。
フィールド名1_or_フィールド名2_(中略)_cont

<%= search_form_for @q do |f| %>
    <%= f.label :prefecture_katakana_or_ward_katakana_or_town_katakana_or_prefecture_or_ward_or_town_cont %>
    <%= f.search_field :prefecture_katakana_or_ward_katakana_or_town_katakana_or_prefecture_or_ward_or_town_cont %>

    <%= f.submit %>
<% end %>

f:id:sakura_bird1:20170301161459p:plain

以上です。



「猫のような人」from 東京キャットガーディアンシェルター日記が泣ける

ねこ Save Animal 雑感 その他

これ読んで泣いたので他の人も道連れにしたい&忘れないようにメモ

一話
tcg.ldblog.jp

二話
tcg.ldblog.jp

三話
tcg.ldblog.jp

四話
tcg.ldblog.jp


貼り付けてる間にまた目に入って涙が。

2月22日は正式なネコの日(ΦωΦ) キャットガーディアン大塚シェルターでネコ活してきました

ねこ Save Animal

f:id:sakura_bird1:20170222180236j:plain
ネコ活してきました。3回目です。前回のエントリはこちらです。

ネコ活@東京キャットガーディアンで一日ボランティア体験してきました - Androidはワンツーパンチ 三歩進んで二歩下がる

超気軽に出来る二時間以内のボランティア、ねこ活に参加してきました - Androidはワンツーパンチ 三歩進んで二歩下がる

毎月22日に開催されるネコ活ですが、今月は2月なのでネコの日であります😻

古タオルとはさみを持って行ってきました。

f:id:sakura_bird1:20170222180151j:plain

今回は嬉しいサプライズが。
東京キャットガーディアンの代表の山本葉子さんがいらっしゃいました。
山本さんは超多忙を極めているのでボランティアの方々もなかなか会えないということですよ。

猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス (光文社新書)

猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス (光文社新書)

山本さんは「足りないのは愛情ではなくシステム」とのお考えで非常に大きな視野をお持ちです。

保護猫活動のあり方としてビジネスとして回していく方法、情報を可視化する方法を常に模索していらっしゃり、実際に不幸な猫が救われる仕組みを作られています。

実際にお会いして実業家や政治家のような方だという印象を持ちました。(もちろんいい意味ですよ!!!)

仕組み作りについては、キャットガーディアンのランディングページでも一部を垣間見ることができますよ。

NPO法人 東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

しっぽ不動産www.shippo-fudosan.com
飼い主さんの死後も猫を責任持って大切にするということができるシステム、ねこのゆめ
辛口らしい猫カフェ・シェルター運営講座、猫カフェスクール

などなど。勉強会も随時開催してます。


ちょうどネコ活当日(2017/02/22)は保護猫カフェ協会を立ち上げたそうです。
保護猫カフェ協会

保護活動を維持していくため、より多くの猫達を助けるために保護猫カフェの情報を可視化(現在はどこで何があるのか存在が可視化されていない)し、情報共有することが必要だとおっしゃっていました。
保護猫カフェ知ってたら教えてとおっしゃってたので、「近所にこんな猫カフェがありますよ」という情報提供もありなのかな。
まだ立ち上げホヤホヤなので、もう少ししたら詳しい情報がサイトに上がると思われます。

f:id:sakura_bird1:20170222180226j:plain


ネコ活コーディネーターのTさんもおっしゃってましたが、昔は私財を投じて個人が猫を助けていて、その人が亡くなったらお終いという世界だったけど仕組みづくりが回っていくことによって、継続して(あまり無理せず)救い続けることが出来るようになると。もうそんな時代になってきていると。
希望がわいてくるひとときでした。

私にできることは、我が身をちゃんとすることですね。
山本さんも自分の仕事をちゃんとするべきっておっしゃってたし。
人と較べてしまうとショボンとなりますが、「私なりに」頑張っていく所存であります。

f:id:sakura_bird1:20170222180058j:plain


最後に、お金をかけずに支援ができるものをご紹介します。

一日一回のクリックでgooddoから寄付されます
gooddo.jp

Yahoo!ネット基金。Tポイントを寄付できます。
donation.yahoo.co.jp



トイレで爆睡する猫
f:id:sakura_bird1:20170222194116j:plain

Railsでcsvファイルから初期データを投入する

ruby on rails

Railsを勉強中です。

csvファイルから初期データをDBに投入し、画面に表示するという一連の処理をメモします。
railsのバージョンは4.2.6です。

サンプルのアプリケーションを新しく作ります。

$ rails new exm-csv-import

このようなデータを投入します。
f:id:sakura_bird1:20170226212023p:plain


モデルを生成します。

$ rails g model PostalCode local_goverment_code:integer postal_code_old:integer postal_code:integer prefecture_katakana:string ward_katakana:string town_katakana:string prefecture:string ward:string town:string

dbフォルダの下にcsvファイルをコピーします。

db/seeds.rbを次のように編集します。
ここでは、csvファイルにカラム名を記述したヘッダー有りの場合と無しの場合次のようになります。

ヘッダー有りのcsv
f:id:sakura_bird1:20170226213302p:plain

ヘッダー有り

require 'csv'

csv_data = CSV.read('db/postal_code_tokyo_with_header.csv', headers: true)
csv_data.each do |data|
  PostalCode.create!(data.to_hash)
end


ヘッダー無し

require 'csv'

CSV.foreach('db/postal_code_tokyo_seed_no_header.csv') do |row|
  PostalCode.create(:local_goverment_code => row[0],
                    :postal_code_old => row[1],
                    :postal_code => row[2],
                    :prefecture_katakana => row[3],
                    :ward_katakana => row[4],
                    :town_katakana => row[5],
                    :prefecture => row[6],
                    :ward => row[7],
                    :town => row[8])
end

db:migrateをまだ行ってないので実行してから、rake db:seedを実行します。

$ rake db:migrate
$ rake db:seed

これでcsvファイルからテーブルにデータが投入されました。
確認します。

sqliteのコマンドを起動し開発用Databaseに入ります。

sqlite3 db/development.sqlite3
ちなみに
sqlite> .tables
とするとテーブル一覧が表示されます。
postal_codes       schema_migrations


sqlite> .schema postal_codes;
とするとスキーマが表示されます。

CREATE TABLE "postal_codes" ("id" INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "local_goverment_code" integer, "postal_code_old" integer, "postal_code" integer, "prefecture_katakana" varchar, "ward_katakana" varchar, "town_katakana" varchar, "prefecture" varchar, "ward" varchar, "town" varchar, "created_at" datetime NOT NULL, "updated_at" datetime NOT NULL);
sqlite> select * from postal_codes

でテーブルの中身が表示されます。うまくできました。

f:id:sakura_bird1:20170226213806p:plain


このテーブルの一覧を画面に表示します。
コントローラを作成します。

$ rails g controller postal_codes

postal_codes_controller.rb に以下を追加します。

class PostalCodesController < ApplicationController

  # GET /postal_codes
  def index
    @postal_codes = PostalCode.all
  end

end

/app/views/postal_codes/ に index.html.erb を追加し、次のように記述します。

<h1>Listing Postal Codes</h1>

<table>
  <thead>
    <tr>
      <th>LocalGovermentCode</th>
      <th>PostalCodeOld</th>
      <th>PostalCode</th>
      <th>PrefectureKatakana</th>
      <th>WardKatakana</th>
      <th>TownKatakana</th>
      <th>Prefecture</th>
      <th>Ward</th>
      <th>Town</th>
    </tr>
  </thead>

  <tbody>
    <% @postal_codes.each do |postal_code| %>
      <tr>
        <td><%= postal_code.local_goverment_code %></td>
        <td><%= postal_code.postal_code_old %></td>
        <td><%= postal_code.postal_code %></td>
        <td><%= postal_code.prefecture_katakana %></td>
        <td><%= postal_code.ward_katakana %></td>
        <td><%= postal_code.town_katakana %></td>
        <td><%= postal_code.prefecture %></td>
        <td><%= postal_code.ward %></td>
        <td><%= postal_code.town %></td>
      </tr>
    <% end %>
  </tbody>
</table>


/config/routes.rb に以下を追加します。

Rails.application.routes.draw do
  resources :postal_codes
  (略)

rails s でローカルサーバーを起動します。

http://localhost:3000/postal_codes
にアクセスします。

このように表示されます。
f:id:sakura_bird1:20170226214503p:plain

以上です。