Androidはワンツーパンチ 三歩進んで二歩下がる

Android卵プログラマーの記録ブログ

【3】GCEのVMインスタンスにDockerとDocker Composeをインストールする。他設定(スワップ領域追加、タイムゾーン設定)

これはHerokuからGCP無料枠にRailsアプリを引越ししたときにやったことシリーズの【2】の続きです。
GCE に 作成した VM インスタンス上に環境設定するところのメモです。

1. 公式サイト

Compute Engine 上のコンテナ | Compute Engine ドキュメント | Google Cloud
Get Docker CE for Debian | Docker Documentation
Install Docker Compose | Docker Documentation

2. 目標

  • スワップ領域を追加する
  • 時刻の設定をアジア(東京)に設定する
  • Docker をインストールする
  • Docker Compose をインストールする
  • おまけ  SELinux の無効化?

3. 参考サイト様

本当に参考になりました。ありがとうございます!

Create a Linux Swap File | Linuxize
GCE でスワップ領域が存在しないことに対する対応 | kisse-logs!
AWS の EC2 で最小限の努力で mastodon を構築する - Qiita

4. スワップ領域を追加する

RAM が 0.6GB と少ないこともあり、重い処理を行うとOut of Memoryでエラーとなることがあります。
これを防ぐためにスワップファイルを作成することにします。

私もdocker-compose buildコマンドで Docker イメージをビルド中に OOM が発生して処理が中断してしまいましたが、スワップファイルを作成後は一度も OOM が発生していません。

↓ これはエラーが発生した時のログです。

Installing mini_portile2 2.4.0
Fetching nokogiri 1.10.1
Installing nokogiri 1.10.1 with native extensions
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.
    current directory: /usr/local/bundle/gems/nokogiri-1.10.1/ext/nokogiri
/usr/local/bin/ruby -I /usr/local/lib/ruby/site_ruby/2.5.0 -r
./siteconf20190222-30-1ixnrwg.rb extconf.rb --use-system-libraries
extconf failedOut of memory - /usr/local/bin/ruby
Gem files will remain installed in /usr/local/bundle/gems/nokogiri-1.10.1 for
inspection.
Results logged to
/usr/local/bundle/extensions/x86_64-linux/2.5.0/nokogiri-1.10.1/gem_make.out
An error occurred while installing nokogiri (1.10.1), and Bundler cannot
continue.
Make sure that `gem install nokogiri -v '1.10.1' --source
'https://rubygems.org/'` succeeds before bundling.
In Gemfile:
  rails was resolved to 5.2.2, which depends on
    actioncable was resolved to 5.2.2, which depends on
      actionpack was resolved to 5.2.2, which depends on
        actionview was resolved to 5.2.2, which depends on
          rails-dom-testing was resolved to 2.0.3, which depends on
            nokogiri
ERROR: Service 'web' failed to build: The command '/bin/sh -c set -x &&   apk add --update --no-cache $RUNTIME_PACKAGES &&  apk add --update  --virtual build-dependencies  --no-cache  $DEV_PACKAGES &&  gem install bundler --no-document &&  bundle config build.nokogiri --use-system-libraries &&  bundle install &&  apk del build-dependencies &&   cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime &&   apk del tzdata &&   rm -rf /var/cache/apk/*' returned a non-zero code: 5

分かりづらいので該当箇所のスクリーンショットも貼っておきます。

f:id:sakura_bird1:20190306014153p:plain:w400

それでは、スワップファイルの設定をします。
コマンドは次のように実行していきます。

$sudo fallocate -l 4G /swapfile
$sudo chmod 600 /swapfile
$sudo mkswap /swapfile
$sudo swapon /swapfile
$echo '/swapfile none swap sw 0 0' | sudo tee -a /etc/fstab

このような感じで出来ました。
f:id:sakura_bird1:20190306015327p:plain:w600

5. Docker をインストールする

公式サイトを見ながら Docker をインストールしていきます。
これは Debian へのインストール方法ですので他のディストリビューションをお使いの方は対応した公式サイトをご覧ください。
Get Docker CE for Debian | Docker Documentation

5.1. Docker インストールのためのセットアップ

次のように実行していきます。

5.1.1. リポジトリのセットアップ

$sudo apt-get update

$sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg2 \
    software-properties-common

5.1.2. Docker 公式の gpg キーを登録する

$curl -fsSL https://download.docker.com/linux/debian/gpg | sudo apt-key add -

鍵の fingerprint(フィンガープリント)が9DC8 5822 9FC7 DD38 854A E2D8 8D81 803C 0EBF CD88 と表示されるのを確認します。

$sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88

このような感じで表示されれば OK です。

$sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
 pub 4096R/0EBFCD88 2017-02-22  
 Key fingerprint = 9DC8 5822 9FC7 DD38 854A E2D8 8D81 803C 0EBF CD88  
 uid Docker Release (CE deb) <docker@docker.com>  
 sub 4096R/F273FCD8 2017-02-22

5.1.3. stable (安定版)リポジトリをセットアップする

$sudo add-apt-repository \
   "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/debian \
   $(lsb_release -cs) \
   stable"

5.2. Docker CE のインストール

5.2.1. apt パッケージ・インデックスを更新する

$sudo apt-get update

5.2.2. 最新バージョンの Docker CE をインストールする

$sudo apt-get install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

5.2.3. hello-world イメージを実行する

正しくインストールされているか確認のためhello-worldを実行します。

$sudo docker run hello-world

このように「Hello from Docker!」と表示されれば OK です。

f:id:sakura_bird1:20190306024624p:plain:w400

5.2.4. 特権のないユーザで Docker コマンドを実行できるようにする

現時点では Docker コマンドを実行する時はsudoが必要ですが、「docker」グループにユーザーを加えることで sudo なしで Docker コマンドを使用できるようになります。

※これはそのユーザーに Docker ホストにおける root 権限を付与することになるので信頼できるユーザーにのみ付与してください。

↓your-userをユーザー名に書き換えてください

$sudo usermod -aG docker your-user

このコマンドを実行後、一旦ログアウトして再ログインしてください。
次のコマンドでグループの設定を確認出来ます。

$cat /etc/group | grep docker

docker:x:999:sakuraのように表示されます。

先程のhello-worldsudoなしで実行できれば OK です。

6. Docker Compose をインストールする

引き続き公式サイトを見ながら Docker Compose をインストールしていきます。
Install Docker Compose | Docker Documentation

6.1. 最新バージョンの Docker Compose をインストールする

6.1.1. GitHub のリリースページをチェックする

Releases · docker/compose · GitHub
https://github.com/docker/compose/releases

Latest となっているバージョンをインストールします。

f:id:sakura_bird1:20190306030717p:plain:w300

6.1.2. インストールコマンドを実行する

「1.23.2」となっている箇所を最新のバージョンに書き換えてください。

$sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.23.2/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose

6.1.3. コマンドを実行できるパーミッションを与える

$sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

$ docker-compose -vと実行してみて正常に結果が表示されれば OK です。

f:id:sakura_bird1:20190306031513p:plain:w400

7. 時刻の設定をアジア(東京)に設定する

f:id:sakura_bird1:20190304032933p:plain:w200

現在は時刻の設定が UTC となっていて9時間ずれています。
これを JST に変更します。

以下のコマンドを実行し、dbus パッケージをインストール

$sudo apt-get install dbus

アジア(東京)に設定します。

$sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

dateコマンドを打つと日付が JST になっていると思います。

8. おまけ  SELinux の無効化?

色々な参考サイト様を拝見しましたが SELinux の無効化をしているところが多いようでした。

How to enable SELinux on Debian “Stretch” 9 – Davide Giunchi
https://giunchi.net/how-to-enable-selinux-on-debian-stretch-9

上記の参考サイト様によると、Debian9 では SELinux のサポートはされているがデフォルトではインストールされていないとのことです。
なので特に何もしませんでした。

今回はこれで終わりです。
次回はVMインスタンスにファイルを転送する方法を書いてみたいと思います。

9. 関連リンク