Androidはワンツーパンチ 三歩進んで二歩下がる

Android卵プログラマーの記録ブログ

iOSでRealmのデータファイルの場所の見つけ方

初期データのあらかじめ入ったRealmのファイルを用意しておき、
アプリに組み込んで使いたいと思っています。
それにはデータが入ったDBのファイルが必要です。
Realmの保存場所を特定する方法をメモしておきます。

前提

環境はXcode9.2、Swift4.0を使用しています。
初期データ作成用のXcodeプロジェクトを作っておきます。
実機かシミュレーターにRunしておきます。

シミュレーターにインストールした場合の場所

    // DBのファイルの場所
    print(Realm.Configuration.defaultConfiguration.fileURL!)

このコードでファイルパスを表示してくれます。
f:id:sakura_bird1:20180124152523p:plain

これをコピーします。

finderを開いてCommandキー+Shiftキー+Gを押します。

先ほどのパスを貼り付けます。
f:id:sakura_bird1:20180124153944p:plain:w200

先頭の「file://」は削除して移動します。

実機にインストールした場合

Xcodeのメニューから Window > Devices and Simulators を選択します。

実機にインストールされているアプリが一覧で表示されます。

アプリを選択します。

左下の設定アイコンをクリック > “Download Container…“を選択します。
f:id:sakura_bird1:20180124153205p:plain:w300


保存ダイアログが開きます。プロジェクトルートがデフォルトの保存場所になっています。
◯◯.xcappdataという名前がセットされているのでそのまま保存します。

Finderで保存した場所を開きます。
◯◯.xcappdataを右クリックして「パッケージの内容を表示」(英語表示の場合「“Show Package Contents”」)をクリックします。
f:id:sakura_bird1:20180124153450p:plain:w300

ここにあります。
AppData / Documents / default.realm
f:id:sakura_bird1:20180124153600p:plain:w300

以上です。